【Linux】ユーザーにパスワードを設定する方法

ユーザーにパスワードを設定する方法
目次

対象

以下のようなことがしたい場合に役立ちます。

  • ユーザーにパスワードを設定したい
  • historyに設定したパスワードを残したくない

パスワード設定コマンド

パスワードを設定するコマンドとしてはpasswdchpasswd があります。
本記事ではパスワードを設定する方法としてchpasswd コマンドを例として紹介します。

パスワードをコマンド履歴に残してもよい場合

chpasswdコマンドに「ユーザー名:パスワード」を標準入力させることで、パスワードを設定することができます。

ただしこの場合、コマンドでパスワードを使用しているため、
historyコマンドでコマンド履歴を確認すると、設定したパスワードが確認できてしまいます。

# echo "testuser01:P@ssw0rd" | chpasswd

# history | grep chpasswd
   63  echo "testuser01:P@ssw0rd" | chpasswd

パスワードをコマンド履歴に残さず設定する場合

chpasswdコマンドに「ユーザー名:パスワード」を記載したリストファイルを標準入力させることで、
パスワードを設定することができます。
パスワードを設定したいユーザーが複数いる場合は、リストファイルに対象のユーザーの数だけ追加すればよいです。

この場合、ユーザーに設定するパスワードはリストファイルに記載されているため、
historyコマンドでコマンド履歴を確認したとしても、設定したパスワードが特定されることはありません。

# cat /tmp/pwchange.lst
testuser01:P@ssw0rd
testuser02:P@ssw0rd

# chpasswd < /tmp/pwchange.lst

# history | grep chpasswd
   69  chpasswd < /tmp/pwchange.lst
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次