【Linux】umountコマンドの使い方(オプションあり)

umountコマンド
目次

【umountコマンド】どんな時に使う?

以下のようなことがしたい場合にumountコマンドが役立ちます。

  • ファイルシステムをアンマウントしたい

【umountコマンド】基本オプション

書式
umount [オプション] [デバイスまたはマウントポイント]

                                              ※[ ]は省略可能です

基本的なオプションは以下の表の通りです。

短縮オプションオプション説明
オプションなしファイルシステムをアンマウントする
-a–all/etc/mtab に記載されているすべてのファイルシステムをアンマウントする
※umount バージョン 2.7 以降では、procファイルシステムはアンマウント対象外
-f–force強制的にアンマウントする
※ネットワークの切断などでNFSアンマウントできない場合に使用する
–fake実際にはアンマウント処理はされず、テスト実行する
-v–verbose詳細メッセージを表示する

【umountコマンド】オプション使用例

実行環境としてRed Hat Enterprise Linux 9.1を使用しています。
※OSのバージョンによって出力結果に若干の違いがある場合があります。

オプションなし
(ファイルシステムをアンマウントする)

# df | grep /data
/dev/mapper/VG01-lv_data     2082816    47628 2035188    3% /data

# umount /data

# df | grep /data

「-a」「–all」オプション
(一部を除く /etc/mtab に記載されているすべてのファイルシステムをアンマウントする)

# df
ファイルシス             1K-ブロック     使用  使用可 使用% マウント位置
devtmpfs                        4096        0    4096    0% /dev
tmpfs                         648764        0  648764    0% /dev/shm
tmpfs                         259508     3792  255716    2% /run
/dev/mapper/rhel-root       17811456 10341956 7469500   59% /
/dev/sda1                    1038336   221116  817220   22% /boot
tmpfs                         129752        0  129752    0% /run/user/0
/dev/mapper/VG01-lv_data     2082816    47628 2035188    3% /data

# cat /etc/mtab
proc /proc proc rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
sysfs /sys sysfs rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
devtmpfs /dev devtmpfs rw,nosuid,size=4096k,nr_inodes=1048576,mode=755,inode64 0 0
securityfs /sys/kernel/security securityfs rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
tmpfs /dev/shm tmpfs rw,nosuid,nodev,inode64 0 0
devpts /dev/pts devpts rw,nosuid,noexec,relatime,gid=5,mode=620,ptmxmode=000 0 0
tmpfs /run tmpfs rw,nosuid,nodev,size=259508k,nr_inodes=819200,mode=755,inode64 0 0
cgroup2 /sys/fs/cgroup cgroup2 rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,nsdelegate,memory_recursiveprot 0 0
pstore /sys/fs/pstore pstore rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
none /sys/fs/bpf bpf rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,mode=700 0 0
/dev/mapper/rhel-root / xfs rw,relatime,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquota 0 0
systemd-1 /proc/sys/fs/binfmt_misc autofs rw,relatime,fd=34,pgrp=1,timeout=0,minproto=5,maxproto=5,direct,pipe_ino=17394 0 0
hugetlbfs /dev/hugepages hugetlbfs rw,relatime,pagesize=2M 0 0
mqueue /dev/mqueue mqueue rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
debugfs /sys/kernel/debug debugfs rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
tracefs /sys/kernel/tracing tracefs rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
configfs /sys/kernel/config configfs rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
fusectl /sys/fs/fuse/connections fusectl rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
/dev/sda1 /boot xfs rw,relatime,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquota 0 0
tmpfs /run/user/0 tmpfs rw,nosuid,nodev,relatime,size=129752k,nr_inodes=32438,mode=700,inode64 0 0
/dev/mapper/VG01-lv_data /data xfs rw,relatime,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquota 0 0

# umount -a
umount: /run/user/0: 対象は使用中です.
umount: /: 対象は使用中です.
umount: /sys/fs/cgroup: 対象は使用中です.
umount: /run: 対象は使用中です.
umount: /dev: 対象は使用中です.

# df
ファイルシス          1K-ブロック     使用  使用可 使用% マウント位置
devtmpfs                     4096        0    4096    0% /dev
tmpfs                      259508     3792  255716    2% /run
/dev/mapper/rhel-root    17811456 10341956 7469500   59% /
tmpfs                      129752        0  129752    0% /run/user/0

# cat /etc/mtab
proc /proc proc rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
sysfs /sys sysfs rw,nosuid,nodev,noexec,relatime 0 0
devtmpfs /dev devtmpfs rw,nosuid,size=4096k,nr_inodes=1048576,mode=755,inode64 0 0
devpts /dev/pts devpts rw,nosuid,noexec,relatime,gid=5,mode=620,ptmxmode=000 0 0
tmpfs /run tmpfs rw,nosuid,nodev,size=259508k,nr_inodes=819200,mode=755,inode64 0 0
cgroup2 /sys/fs/cgroup cgroup2 rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,nsdelegate,memory_recursiveprot 0 0
/dev/mapper/rhel-root / xfs rw,relatime,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquota 0 0
tmpfs /run/user/0 tmpfs rw,nosuid,nodev,relatime,size=129752k,nr_inodes=32438,mode=700,inode64 0 0

「-f」「–force」オプション
(強制的にアンマウントする)

# df | grep /data
/dev/mapper/VG01-lv_data     2082816    47628 2035188    3% /data

# umount -f /data

# df | grep /data

「–fake」オプション
(実際にはアンマウント処理はされず、テスト実行する)

# df | grep /data
/dev/mapper/VG01-lv_data     2082816    47628 2035188    3% /data

# umount --fake -v /data
umount: /data をアンマウントしました

# df | grep /data
/dev/mapper/VG01-lv_data     2082816    47628 2035188    3% /data

「-v」「–verbose」オプション
(詳細メッセージを表示する)

# umount -v /data
umount: /data をアンマウントしました
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次