Linuxのmanコマンドを日本語化する方法

manコマンドを日本語化する方法

言語設定は日本語なのにmanコマンドの表示が英語表記になってしまう…
日本語のマニュアルを使用したいと思っている方はこの記事が参考になれば幸いです。

目次

前提条件

今回実施した環境は以下の通りです。

  • 環境:VirtualBox上の仮想マシン
  • OS:Red Hat Enterprise Linux release 9.1
  • rootユーザを使用

現在のmanコマンドの表示を確認する

現在の言語設定を確認する

現在のシステムの言語設定が日本語になっていることをlocalectl statusコマンドで確認します。
2行目の表示の通り、ja_JP.utf8(日本語)が設定されていることを確認します。

# localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.utf8
       VC Keymap: jp
      X11 Layout: jp

manコマンドを日本語で表示させる場合の前提として、システムの言語設定が日本語である必要があります。
現在の言語設定が日本語でない場合は、以下の記事を参考に言語設定を日本語に変更してください。

manコマンドでcatコマンドのマニュアルを確認する

試しにman catコマンドでcatコマンドのマニュアルを確認してみます。
現在の状態だと英語のコマンドマニュアルが表示されてしまいました。

# man cat
CAT(1)                                                     User Commands                                                    CAT(1)

NAME
       cat - concatenate files and print on the standard output

SYNOPSIS
       cat [OPTION]... [FILE]...

DESCRIPTION
       Concatenate FILE(s) to standard output.

       With no FILE, or when FILE is -, read standard input.

       -A, --show-all
              equivalent to -vET

       -b, --number-nonblank
              number nonempty output lines, overrides -n

       -e     equivalent to -vE

       -E, --show-ends
              display $ at end of each line
 Manual page cat(1) line 1 (press h for help or q to quit)

日本語のマニュアルアーカイブを入手する

STEP
日本語のマニュアルアーカイブのダウンロード

JM プロジェクトにより、英語から日本語に翻訳されたコマンドマニュアルが提供されています。
日本語のマニュアルアーカイブを入手するため、JM プロジェクトのサイトにアクセスしてください。

日本語のマニュアルアーカイブをダウンロード

STEP
日本語のマニュアルアーカイブをダウンロードする

『man-pages-ja-yyyymmdd.tar.gz』をクリックし、ダウンロードします。
※yyyymmddは日付です。毎月15日に更新が入るので、実施タイミングによりファイル名の日付部分は変化します。

マニュアルアーカイブダウンロードサイト

manコマンドの日本語版をインストールする

STEP
日本語のマニュアルアーカイブを/tmpディレクトリ配置する

先ほどダウンロードした「man-pages-ja-yyyymmdd.tar.gz」を /tmp ディレクトリに配置し、
ls -l /tmp/man-pages-ja*コマンドでファイルが存在していることを確認します。

# ls -l /tmp/man-pages-ja*
-rw-r--r--. 1 root root 5009584  3月  1 21:57 /tmp/man-pages-ja-20230215.tar.gz
STEP
日本語のマニュアルアーカイブを展開する

cd /tmpコマンドで /tmp ディレクトリに移動し、
tar xzvf man-pages-ja-yyyymmdd.tar.gzコマンドで日本語のマニュアルアーカイブを展開します。
※yyyymmddは入手したファイルに記載されている日付

# cd /tmp

# tar xzvf man-pages-ja-20230215.tar.gz
man-pages-ja-20230215/
man-pages-ja-20230215/Makefile
man-pages-ja-20230215/script/
~略~
man-pages-ja-20230215/.gitignore
man-pages-ja-20230215/README
man-pages-ja-20230215/INSTALL
STEP
日本語のマニュアルアーカイブが展開されたことを確認する

ls -l /tmpコマンドで /tmp ディレクトリに「man-pages-ja-yyyymmdd」というディレクトリが作成されていることを確認します。
※yyyymmddは入手したファイルに記載されている日付

# ls -l /tmp
合計 4896
drwxrwsr-x. 4 20144 6110      97  6月 14  2022 man-pages-ja-20230215
-rw-r--r--. 1 root  root 5009584  3月  1 21:57 man-pages-ja-20230215.tar.gz
STEP
man-pages-ja-yyyymmddディレクトリに移動する

cd /tmp/man-pages-ja-yyyymmdd コマンドで日本語のマニュアルアーカイブを展開したときに作成されたディレクトリに移動します。
※yyyymmddは入手したファイルに記載されている日付

# cd /tmp/man-pages-ja-20230215
STEP
日本語マニュアルのインストール実施時に必要な追加パッケージをインストールする

日本語マニュアルのインストール時にmakeコマンドとperlコマンドを使用する必要があるのであらかじめインストールする必要があります。
※すでにインストール済みの方はこの作業は飛ばしてください。

yum -y install makeコマンドにて「make」をインストールします。

# yum -y install make
依存関係が解決しました。
======================================================================================================================================
 パッケージ                 アーキテクチャー             バージョン                         リポジトリー                        サイズ
======================================================================================================================================
インストール:
 make                       x86_64                       1:4.3-7.el9                        InstallMedia                       542 k

トランザクションの概要
======================================================================================================================================
インストール  1 パッケージ

合計サイズ: 542 k
インストール後のサイズ: 1.6 M
パッケージのダウンロード:
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
  準備             :                                                                                                              1/1
  インストール中   : make-1:4.3-7.el9.x86_64                                                                                      1/1
  scriptletの実行中: make-1:4.3-7.el9.x86_64                                                                                      1/1
  検証             : make-1:4.3-7.el9.x86_64                                                                                      1/1
インストール済みの製品が更新されています。

インストール済み:
  make-1:4.3-7.el9.x86_64

完了しました!

yum -y install perlコマンドにて「perl」をインストールします。

# yum install -y perl
依存関係が解決しました。
======================================================================================================================================
 パッケージ                                 アーキテクチャー     バージョン                         リポジトリー                サイズ
======================================================================================================================================
インストール:
 perl                                       x86_64               4:5.32.1-479.el9                   InstallMedia1                22 k
依存関係のインストール:
 annobin                                    x86_64               10.73-3.el9                        InstallMedia1               965 k
 binutils                                   x86_64               2.35.2-24.el9                      InstallMedia2               4.6 M
~略~
  systemtap-sdt-devel-4.7-2.el9.x86_64                                unzip-6.0-56.el9.x86_64
  zip-3.0-33.el9.x86_64

完了しました!
STEP
日本語マニュアルをインストールするための事前作業

日本語マニュアルをインストールする前の作業としてmake configコマンドを実行します。
以下の通り実施してください
・Install directory [/usr/share/man/ja_JP.utf8] ?: ⇒ Enterキーを押す
・select [0..3] : ⇒ 「1」を入力し、Enterキーを押す
・All OK? (Yes, [C]ontinue / No, [R]eselect) : ⇒ 「C」を入力し、Enterキーを押す
・そのほかの表示すべて ⇒ Enterキーを押す
※Enterキーを押すのがいちいち押すのが面倒な方は長押しでも可

# make config
perl -w script/configure.perl
[INSTALLATION INFORMATION]
(just Return if you accept default)
   Install directory   [/usr/share/man/ja_JP.utf8] ?:
   compress manual with..
      0: none
      1: gzip
      2: bzip2
      3: compress
   select [0..3] : 1
   uname of page owner [root] ?:
   group of page owner [root] ?:

   Directory:    /usr/share/man/ja_JP.utf8
   Compression:  gzip
   Page uid/gid: root/root

All OK? (Yes, [C]ontinue / No, [R]eselect) : C


[INSTALL PACKAGE SELECTION]
(just Return if you accept default choice)
(you can change the default by editing script/pkgs.list)
   [ 0/138] shadow          [Y/n] ?:
   [ 1/138] GNU_coreutils   [Y/n] ?:
~略~
   [137/138] ypserv          [Y/n] ?:
   [138/138] zebedee         [Y/n] ?:
All OK? (Yes, [C]ontinue / No, [R]eselect) : C


[RESOLVE CONFLICTS]
(just Return if you accept item 0)
   [0/86] There are 2 pages for blkid.8:
    0: in e2fsprogs
    1: in util-linux
   Which to install? (0..1) :
   e2fsprogs/blkid:8 is selected.

   [1/86] There are 2 pages for chfn.1:
    0: in shadow
    1: in util-linux
   Which to install? (0..1) :
   shadow/chfn:1 is selected.

   [2/86] There are 2 pages for chsh.1:
    0: in shadow
    1: in util-linux
   Which to install? (0..1) :
   shadow/chsh:1 is selected.
~略~
   [84/86] There are 2 pages for write.1:
    0: in netkit
    1: in util-linux
   Which to install? (0..1) :
   netkit/write:1 is selected.

   [85/86] There are 2 pages for yacc.1:
    0: in GNU_bison
    1: in byacc
   Which to install? (0..1) :
   GNU_bison/yacc:1 is selected.

All OK? (Yes, [C]ontinue / No, [R]eselect) : C


creating installation script...done
now you can "make install" as user root.

makeperlのパッケージをインストールせずに実行すると以下のようなエラーが発生します。

# make config
-bash: make: コマンドが見つかりません
# make config
perl -w script/configure.perl
make: perl: そのようなファイルやディレクトリはありません
make: *** [Makefile:8: config] エラー 127
STEP
日本語マニュアルをインストールする

make installコマンドを実行し、日本語マニュアルをインストールします。

# make install
sh installman.sh
install netatalk: AppleVolumes.default.5 ..gzip ..done.
install LDP_man-pages: CMSG_ALIGN.3 ..gzip ..done.
install LDP_man-pages: CMSG_DATA.3 ..gzip ..done.
~略~
install qpdf: zlib-flate.1 ..gzip ..done.
install GNU_gzip: zmore.1 ..gzip ..done.
install GNU_gzip: znew.1 ..gzip ..done.
STEP
マニュアルの索引情報を更新する

mandbコマンドでマニュアルの索引情報を更新します。

# mandb
/usr/share/man 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/ru 内の古いデータベース要素を取り除いています...
/usr/share/man/ru 配下のマニュアルページを処理しています...
/usr/share/man/cs 内の古いデータベース要素を取り除いています...
~略~
/usr/local/share/man 配下のマニュアルページを処理しています...
9 個のマニュアルページ子ディレクトリに新しいマニュアルページが含まれていました。
3145 個のマニュアルページが追加されました。
0 の迷子の cat が追加されました。
0 個の古いデータベース要素が除去されました。

日本語マニュアルのインストール後のmanコマンドの表示を確認

man catコマンドでcatコマンドのマニュアルを確認してみます。
日本語のコマンドマニュアルが表示されていればインストール成功です。

# man cat
CAT(1)                                                   ユーザーコマンド                                                   CAT(1)

名前
       cat - ファイルの内容を連結して標準出力に出力する

書式
       cat [オプション]... [ファイル]...

説明
       ファイル (複数可) の内容を結合して標準出力に出力します。

       ファイルの指定がない場合や FILE が - の場合, 標準入力から読み込みを行います。

       -A, --show-all           -vET と同じ

       -b, --number-nonblank
              空行以外に行番号を付ける。-n より優先される

       -e                       -vE と同じ

       -E, --show-ends
              行の最後に $ を付ける

 Manual page cat(1) line 1 (press h for help or q to quit)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次